MENU

買い換えのときは

取り付け

サイズを必ずチェック

自動車のタイヤはゴムの部分とホイールの部分に分かれていて、それぞれ別に購入することが可能です。もしも、ホイールに不具合がでて、買い換えをしなければいけないのなら、まずは自動車にあうサイズを確認しなければいけません。サイズが合わないものを購入しては無駄になるだけなので、きちんと調べてからホイールを購入しましょう。現在、装着しているホイールからサイズを確認するのもよいですし、まったく分からないのならお店の方に見せてチェックしてもらうのもよいでしょう。なお、冬タイヤなど現時点で装着しているのと別なタイヤが必要という場合は、ゴム部分とホイールをわざわざ別々に買う必要はありません。面倒な手間を省くためにも、それらがセットとして販売されているものを選んだほうが無難でしょう。もちろん、こだわりのホイールがあるのなら、そちらを購入して、後からゴムの部分を取り付けてもらうことも問題なくできます。また、雪がそれなりに降る地域に住んでいるのなら、冬タイヤのホイールは錆びにくいものを選んだほうがよいでしょう。その理由は、雪が降った場合には、それをできる限り早く溶かすために、融雪剤などが道路に散布されるからです。この融雪剤というものは錆びの原因になりますので、ホイールは錆びにくいものを選んだほうが安心です。ちなみに、融雪剤は車両の下回りを錆びさせる原因ともなるため、いつまでもピカピカな自動車を望むなら、防錆び加工も考えましょう。